アルコール依存症:Noutiブログ

アルコール依存症:Nouti思考のNoutiブログ

心を強くして、乗り越えよう。Think Simple。

夫が病院に行ってくれないんです

家族にアルコール依存症がいて、

その本人が、病院に行ってくれないからといって、

 

 

何度も、

何度も、

何度も、

 

 

「病院に行って!」

 

というのはやめた方がいいです。

 

その理由は、

 

1、言ったら行くものではないから

 

2、病院に行ったら治るものじゃないから

 

3、病院に行け=あなたは問題だと毎日言われているのと同じで、精神衛生上良くないから

 

 

以上、理由は主に3つです。

 

まずは1について。

 

1、言ったら行くものではないから

 

アルコール依存症の症状そのものが

「否認」

です。

 

「誰かが何かを言ったら、したら、〇〇になる」的なことはほぼないのは、否認が根本にあるから。

 

本人が頑なに行くことを拒否しているんです。

 

はい、終了。

 

家族の一声なんて、聞く耳を持ちません・・・と言うより、持てません。

 

 

2、病院に行ったら治るものじゃないから

 

これは、

 

病院=魔法の杖

 

的に思っている家族は、目を覚ました方がいいです。

 

病院は確かに強制力があるし、断酒継続の支援サービスも充実しているかもしれませんが、病院は一時的に強制的に「酒を抜く」ことであって、断酒の成功とはわけが違います。

 

だから、

病院=治療完了

なんて、生ぬるい話じゃないんです。

 

家族が病院を神格化するのは愚かだし、100%解決することを期待して、「病院さえ言ってくれれば!」なんて思うのも、どこかズレています。

 

3、病院に行け=あなたは問題だと毎日言われているのと同じで、精神衛生上良くないから

 

3つ目は、Noutiがとってつけたように見えて、実は結構重要です。

 

アルコール依存症は家族の態度、発言を日々、

変換

します。

 

はい、面倒臭いやつです。

 

何気ない表情とかから、

拒絶

と受け取ったり、

 

さりげない一言から、

攻撃

と受け取ったりします。

 

アルコール依存症とのコミュニケーションが難しかったり、トラブルが絶えないのは、彼らが彼らなりに、

 

変換

 

しちゃうからです。

 

彼らが勝手にした

 

変換

 

によって、人によってはますます孤独を強めたり、落ち込んだりして、飲酒量が増えます。

 

家族の絶え間ない

「病院に行け!」

コールは、アルコール依存症本人からしたら、毎日、絶え間なく、

「あなたは問題だ!」

と言われているようなもの。

 

これって、相当精神的にきます。しんどいです。

 

だからすごく負担になって、ますます「否認(現実逃避)」も強まるし、その結果、病院をますます避けたりします。

 

ということで、3つの理由でした。

 

結論、

 

家族にアルコール依存症がいて、

その本人が、病院に行ってくれないからといって、

 

 

何度も、

何度も、

何度も、

 

 

「病院に行って!」

 

というのはやめた方がいいです。