アルコール依存症:Noutiブログ

アルコール依存症:Nouti思考のNoutiブログ

心を強くして、乗り越えよう。Think Simple。

自分を大切にする

Noutiは、

アルコール依存症の病気の罠にどっぷりはまった人間ですが、

はまっていた時は、Nouti自身、

 

自分を変えたくない

 

時だったんです。

 

自分を変えたくない時って、他人事にどっぷりとハマります。

 

自分に関心を持っちゃうと、

自分の改善点とか、問題とかに目がいっちゃったりして、

そういう課題を取り組んでいかないといけない。

 

 

つまり、

面倒臭いんです。自分を変えるのって。

 

だから、その代わりに他人事に一生懸命になる。

 

他人のことに一生懸命になっていれば、

自分ごとに取り組まなくてもいい・・・

 

つまり、

 

言い訳

 

できるわけです。

 

Noutiが夫のことにめちゃくちゃキレていた時、

自分ごとはお構いなしです。

 

例えば、ファッションとか・・・

超適当。

 

お化粧とか、アクセサリーとか・・・

超適当。

 

仕事?

やっぱり適当。

 

趣味、娯楽?

そんなものないない。

 

ネットサーフィンしまくって、だらだら食べて飲んでいるだけでした。

 

でも、そんな自分で仕方ないってできるんですね。

 

だって、

 

夫がくちゃくちゃだから、仕方ないでしょ!!!

 

の言い訳が立つから。

 

でも、心は悲鳴あげているんですよ。

 

自分が自分を大切にしない

って、めちゃくちゃ破壊的だから、

人生、どんどん真っ暗闇になっちゃうんです。

 

そんな時、いきなり、自分が好きなこと始めよーとか、

やりたいことやろーとかしても、なかなか無理なもの。

 

その前に、

アルコール依存症に隠れて、向き合ってこなかった、

 

言い訳

 

ってなんなんだろう・・・ってそこからはじめてみることがすごく大事だと思います。

 

傷はあるんだから。

 

最初は心が痛いかもしれないけれど。

やっぱりそこに向き合う。

 

自分を痛め続けてきたわけだから、

自分に優しくし始める時の痛みがあるのは当たり前。

 

傷跡に消毒をかける瞬間、しみるのと同じ。

 

言い訳

 

に向き合うのって最初はしみる。

 

最初は。

 

でも、向き合っていくなら、

同時に傷の癒しも始まってくるです。

 

アルコール依存症を利用していくの、やめていきましょう。

 

確かに、

 

確かに、

 

確かに、

 

言い訳には超がつくほど便利すぎる駒だけど、

 

でも、やっぱり自分に優しくする方、

自分を大切にする方、選んでいきましょう。

 

ここでいう、自分を大切にするとは、

 

他人を責めたり、批判したり、

他人事にばかり取り組むことで、

実は自分自身を傷つけているんだよ

 

ってこととちゃんと向き合うことです。

 

Noutiも自分、大切にしていきます。