アルコール依存症:Noutiブログ

アルコール依存症:Nouti思考のNoutiブログ

心を強くして、乗り越えよう。Think Simple。

アルコール依存症に責められたら

大きな自責の念を抱えたアルコール依存症者は、

nouti.hateblo.jp

時折、家族を責めてきます。

 

Noutiは、この

責められる

ということが大嫌いで、

自分はそんな責められるようなことをしていない!

と自己弁護したりしていました。

 

これらの行動は

すべて無駄

でした。

 

アルコール依存症の本人が自分を責めてくるとき、

鉄則は、

やりとりしないこと

です。

 

彼らは彼らで、自分に大きな問題を抱えていて、

重い自責をいつも持っていて、

その困難から逃げるために、他人を責めたりして自己正当化しています。

 

そんな行為に、家族がまともに付き合う理由などどこにも無いです。

 

よく、アルコール依存症になると、

理不尽な要求をしてくるとか、

わけのわからないことを言ってくるとか、

どう考えても理屈が通らないとかがありますが、

そうなってしまうのは当たり前。

 

アルコール依存症という病気そのものが、

意思能力を破壊させる病気であって、

 

意思能力が壊れるというのは、

当然、わけのわからないことになってしまうんです。

 

確かに、アルコール依存症から言われるトゲトゲしい言葉、一つ一つには超がつくほどムカつくと思います。

 

でも、

反抗したり、

対抗したり、

家族も家族で自己弁護したり、

正当化したり、

 

そんなことをしているようじゃ、

アルコール依存症という病魔の思う壺

です。

 

アルコール依存症の症状が出ている時に、責められたら、

 

はいはいはい

 

で流すんです。

 

病気ですから。

 

意思能力が崩壊していますから。

 

話すタイミングで話し、

話すタイミングでないときには、話さない。

 

手術真っ最中に話しかけるのをやめて、

手術が終わって、部屋に戻ってきてから話すのと同じです。

 

アルコール依存症と生活しているなら、

アルコール依存症に対して責め返すという無駄な戦い

から一切、手を引きましょう。

f:id:lifeinnow:20201004213517j:image