アルコール依存症:Noutiブログ

アルコール依存症:Nouti思考のNoutiブログ

心を強くして、乗り越えよう。Think Simple。

放っておくしかないのでしょうか?

前回書いた記事

nouti.hateblo.jp

にコメントをいただきました。ありがとうございます。

 

頂いたコメント

夫がアルコール依存性です。4年ほど前から。
ではどうすればいいのですか?
放っておくしかないのでしょうか?

 

これに対して、Noutiの回答はこれ。

「どうしようもしない。この点においては、構いもしない。夫しか選択できないことは、手から離して、夫に任せる」だと思います。

夫が、病気と真剣に向き合い、戦う準備ができたら、応援できます。それまでは観察と見守りです。でも、干渉とコントロールはしません。病院だけがゴールじゃないんですね。断酒のきっかけはいっぱいあります。何がきっかけで、立ち直るかなんて選択肢はたくさんですし、家族はそれを知りません。本人すらわかっていません。

それなのに、妻が「病院」だけに固執するのも、どこか偏っていて、余計な負荷を感じてしまいます。

放っておくことと、観察して、見守ることは随分違います。家族はコントロールができないし、病院に引きずり込むことはできないけれど、本人が助けを求めた時に、力になりたいのなら、力になることはできると思います。

 

今回は、このことについて、別の視点から考えてみたいなと思います。

 

アルコール依存症の夫と関わる中で、

 

じゃあ、一体どうすればいいの!?

 

この、思い、Nouti何度も経験しました。

 

もうすごく投げやりな気分になって、

 

じゃあ、もう死ぬしかないの!?

 

くらいの勢いまでいっていました。

 

すごく極端でした。白か黒でした。1か0でした。

 

マルじゃないなら、バツみたいな・・・

本当、神経ピリピリしていました。

 

Noutiが思うに、そういう極端な時って、

 

言っていることと逆のことがしたい時

 

なんじゃないかなと思います。

 

つまり、例えば、

じゃあ、一体どうすればいいの!?

 

の時は、何もしたくないか、何でもいいからなんかしたい。

 

じゃあ、もう死ぬしかないの!?

 

の時は、めちゃくちゃ生きたい。

 

じゃあ、放っておくしかないの!?

 

の時は、めちゃくちゃ構いたい。

 

結局はそんな気持ちが隠れているんだろうなと思います。

 

アルコール依存症に対して、イネイブリングはよくないと専門家は言います。

 

お酒を責めないとか、

お酒をチェックしないとか、

批判しない・・・

 

とかとか。

 

でも、本当に毎日地獄みたいな日々が続いていると、

 

じゃあ、一体どうしろっていうわけ?

何もせずに、ただ放置ってこと!!!!!

 

ってNoutiはよく怒っていました。

 

 

でも、そういう時って、本当に、

 

怒りたいし、構いたいし、批判したい

 

んだと思います。

 

だから、「するな」とか言われると、

 

は?!じゃあ、どうしろって言うんだよ!!!

 

ってイライラしてくる。

 

 

で、そういう時って、

 

批判しない以外の方法言ってみろよ!

 

みたいな感じになっている。

 

で、納得いく答えがなかったりすると、

自分が批判していることを肯定できたりする。

 

つまり、心の奥深くに眠っていることは、結局のところ、

 

自分のやり方、変えたくないんです

 

って思いが、ど〜んと居座っているんじゃないかなと思います。

 

自分に優しくて、自分が幸せになれるやり方ならいいけれど、
どこか苦しくて、違和感があるなら、やっぱり変えていくことが大切だなと思います。